インプラント治療の基礎知識

年齢とともに歯は弱くなってくることがあります。また虫歯や歯周病などのリスクも高くなってきます。

その結果歯を失ってしまうということもあります。
もし虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合はインプラントという方法で治療することができます。

インプラントは人工の歯の根というものを骨に埋めてそこに人工の歯を取り付けるという方法です。
その特徴は天然の歯と同じように噛むことができ、噛み心地まで回復することができます。

失った歯の部分だけを治療することができるので、ほかの入れ歯やブリッジなどの治療方法と比べて周りの歯に対する影響がありません。入れ歯は金具を周りの歯に取り付けるのですが、その取り付け方法からどうしても動いてしまいます。

その結果金具と歯が擦れて傷つけてしまいます。
ブリッジはその治療方法が両側の歯を削ってそこに取り付けるという方法なので、健康であった歯を削って痛めてしまうことにもなります。

インプラントの一番の特徴は強く噛むことができるようになるということです。

天然の歯と同じように食事ができるというこれほどうれしいことはないのです。
入れ歯では100%噛む力を回復することはできません。

また違和感もあり、食べ物が隙間に挟まることもあります。
インプラントは見た目も綺麗なので入れ歯のように金具を気にすることなく会話を楽しめます。

歯の治療の技術は日々進歩しているので、インプラントも安心して取り付けられるようになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です