インプラントは信頼のできる歯科

歯を抜かなくてはいけなくなった時、あるいは抜けてしまった場合、その歯を補うためには入れ歯、ブリッジ、インプラントの中から選ばないといけません。抜いたままにしていてはその歯があったスペースに、両端の歯が倒れてきたりします。
そうなると、時間が経てば徐々に歯に隙間ができたりして、歯並びがわるくなります。

また、見える部分の歯がなければ、とても目立ちますし、言葉の発音も悪くなってしまいます。なによりも、咀嚼力がかなり落ちます。
ですから、3つの治療方法の中から選ばなくてはいけません。

どの治療法にも短所があります。

それをよく理解したうえで決めなくてはいけません。
この中で、最も時間とお金がかかるけれど、元の歯と変わらないくらいの機能性と自然な美しさを回復できるのはインプラントです。

なかでも近年、オールオン4に注目が集まっています。

インプラントは歯茎の中にチタンなどのネジのような物を埋め、これを歯の根の部分にします。

これを人工歯根といいます。
この人工歯根が骨に定着するまでには時間がかかります。

個人差はありますが最低でも2ヶ月位はこの定着に時間がかかると思わなければいけません。
この人工歯根が定着したら、いよいよ歯の部分を乗せます。

この歯の部分は何種類かから選べるようになっていることが多いです。
白い歯にするには現在では費用が高い順に、ジルコニアセラミック、オールセラミック、ハイブリッドクラウンの3種類から選べることが多いです。

前歯など見える位置のインプラントならば、慎重に選んだほうが良いでしょう。

尚、インプラントの治療が終わりまでには時間とお金がかかります。

ですから、きちんと説明してくれ、自分が信頼できると感じる歯科医にお願いするようにしましょう。また、疑問に思うことは必ずしっかりと質問をし、納得してから治療を受けるようにしましょう。